このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
北谷町観光サイト はいさい!ちゃたん
北谷町トップページへ戻る
  • 北谷の紹介
  • 北谷の歴史
  • 北谷の観光
  • 北谷のイベント
  • 北谷マップ
  • ちーたん
サイトメニューここまで

本文ここから

山川原古墓群

更新日:2016年12月1日


北谷町域の遺跡分布図

27.山川原古墓群(北谷町字大村山川原448・450・454番地 他)

 北谷城のある丘陵部は、東側のほうに大まかに三つの尾根からでき、略東西に延びている。その最も東側の尾根は標高41メートルほどあり、東側と北側に崖を形成していて、その崖の上部の岩陰や中腹部の小段丘に古墓が形成されている。
 調査の対象になった古墓は、崖の北側中腹に残存する6基をおこなった。それらは全て崖面を掘り込みにより形作るフインチャーの技法であった。奥行き3.5メートル、幅約2メートル、高さ1.5メートルの墓内の空間を作り、墓口は方柱状の石灰岩の切石をもちいて亜字形に組み、その両側と上部を一抱えほどの切石や自然礫で埋めて境としている。
墓内は厨子甕を安置する特定の階段はなく、平坦である。前庭部は墓内から掘り出された土砂により、平坦に形成しているが、幅約1メートル弱であることから、数名の人がやっと座れるほどの狭さである。
 当地域から出された厨子甕は墓の特定ができなかったが、厨子甕やその蓋に墨書のあるものが35例あり、判読した玉木氏の説明によると、古いもので1715から1725年代までのボージャ厨子甕や蓋がみられる。また、人骨に混在してヤコウガイ製の貝匙が一点検出された。

お問い合わせ

北谷町教育委員会 社会教育課
沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地
電話:098-982-7707
FAX:098-936-3491

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から午後0時、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る