このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
北谷町観光サイト はいさい!ちゃたん
北谷町トップページへ戻る
  • 北谷の紹介
  • 北谷の歴史
  • 北谷の観光
  • 北谷のイベント
  • 北谷マップ
  • ちーたん
サイトメニューここまで

本文ここから

北谷城遺跡群

更新日:2016年12月1日


北谷町域の遺跡分布図

22.北谷城遺跡群(北谷町字大村城原)

 北谷城遺跡群は北谷城の丘陵部に分布する各期の遺跡を総称して付した名称で、12ヶ所確認されている。
 北谷城の位置する丘陵は、幅100~150メートル、長さ500メートルで、標高44.7メートルを頂点とする、略東西に延びる琉球石灰岩の舌状台地から成っている。グスクはその頂点の中央部から西側半分の丘陵を石垣で取り組んで縄張りとしている。丘陵の北側には西流する白比川を伴っていることから、高さ10~20メートルの浸食による崖をもっていて、自然の要害の地となっている。南側は二段の崖からなっていて、そのふもとの斜面に北谷城と関わりのある伝道集落が位置している。この丘陵を形成している基盤の琉球石灰岩は、全体的に南西に傾斜していて、これを源とする湧水が伝道集落内のノロガーと、西側の国道58号と接するあたりに塩川と呼ばれるカーがみられる。
 北谷城の丘陵は、戦前までは東側に連なる丘陵が二つ存在していて、尾根の往来も可能であったが、東御嶽の位置する窪みから、幅20メートルほど戦後削り取られていて、一見、独立丘陵の様相を呈している。

お問い合わせ

北谷町教育委員会 社会教育課
沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地
電話:098-982-7707
FAX:098-936-3491

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から午後0時、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る