このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

有機フッ素化合物の検出状況及び水道水の安全性について

更新日:2023年7月12日

有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)の検出状況及び水道水の安全性について

令和元年5月に有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)が北谷浄水場の水源である比謝川や嘉手納井戸群において、他水源と比較して高濃度で検出されたとの報道がありました。
その後、令和元年6月に沖縄県から厚生労働省への要請を行い、令和2年4月に『水道水中での検出の可能性があるなど、水質管理上留意すべき項目』の水質管理目標設定項目に分類され、その目標値は合算で50ng/L以下(暫定)とされました。
沖縄県企業局においても、北谷浄水場内の高度処理施設にて活性炭を使用したPFOS等の除去に取り組んでおり、平均3ng/L(令和4年4月~令和5年3月)まで低減し送水を行う等、県民に安心・安全な水を供給するため対策を実施しております。
また、北谷町においても令和4年度より水質検査にて年2回、PFOS及びPFOA、PFHxSの測定を実施しており、これからも沖縄県企業局と協力し、安心・安全な水を町民及び利用者の皆様へ供給してまいります。

北谷町における独自の検査状況

北谷町における水質検査による結果(令和5年6月分)
 
地点※1

PFOS及びPFOAの合算値(ng/L)※2
目標値:50ng/L

PFHxS(ng/L)※3
目標値:設定なし

桃原配水池系統 1ng/L 1ng/L未満
上勢頭配水池系統 1ng/L 1ng/L未満
謝苅配水池系統 1ng/L 1ng/L未満

※1_各地点における水道水の採取日は令和5年6月13日であり、各項目ともに検出最低値を1ng/Lに設定して実施した。
※2_PFOSとPFOAにおいて、各項目において検出最低値未満の場合、合算値の計算時には当該項目は0ng/Lとして取り扱う。
※3_PFHxSにおいては、令和3年4月に「毒性評価が定まらないこと、浄水中の存在が不明等の理由から水質基準項目、水質管理目標設定項目に分類できない項目」として要検討項目となっており、目標値の設定がされておりません。

北谷町における水質検査による結果(令和4年12月分)
地点※1

PFOS及びPFOAの合算値(ng/L)※2
目標値:50ng/L

PFHxS(ng/L)※3
目標値:設定なし

桃原配水池系統 1ng/L 1ng/L未満
上勢頭配水池系統 1ng/L 1ng/L未満
謝苅配水池系統 1ng/L 1ng/L未満

※1_各地点における水道水の採取日は令和4年12月13日であり、各項目ともに検出最低値を1ng/Lに設定して実施した。
※2_PFOSとPFOAにおいて、各項目において検出最低値未満の場合、合算値の計算時には当該項目は0ng/Lとして取り扱う。
※3_PFHxSにおいては、令和3年4月に「毒性評価が定まらないこと、浄水中の存在が不明等の理由から水質基準項目、水質管理目標設定項目に分類できない項目」として要検討項目となっており、目標値の設定がされておりません。

北谷町における水質検査による結果(令和4年6月分)
地点※1

PFOS及びPFOAの合算値(ng/L)※2
目標値:50ng/L

PFHxS(ng/L)※3
目標値:設定なし

桃原配水池系統

2ng/L未満 2ng/L未満

上勢頭配水池系統

2ng/L未満 2ng/L未満

謝苅配水池系統

2ng/L未満 2ng/L未満

※1_各地点における水道水の採取日は令和4年6月14日であり、各項目ともに検出最低値を2ng/Lに設定して実施した。
※2_PFOSとPFOAにおいて、各項目において検出最低値未満の場合、合算値の計算時には当該項目は0ng/Lとして取り扱う。
※3_PFHxSにおいては、令和3年4月に「毒性評価が定まらないこと、浄水中の存在が不明等の理由から水質基準項目、水質管理目標設定項目に分類できない項目」として要検討項目となっており、目標値の設定がされておりません。

過年度の水質検査結果については下記のリンクを参照してください。

沖縄県企業局特設ホームページ

お問い合わせ

上下水道課 水道施設係
沖縄県中頭郡北谷町桑江一丁目1番2号
電話:098-936-3923
FAX:098-936-5616

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町桑江一丁目1番1号 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から正午、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る