このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナワクチンの効果・副反応

更新日:2022年11月24日

オミクロン株対応2価ワクチン

効果

  • 従来型ワクチンを上回るオミクロン株への効果が期待されています。

オミクロン株対応ワクチンの追加接種には、オミクロン株の成分が含まれているため、従来型ワクチンと比較した場合、オミクロン株に対する重症化予防効果、感染予防効果、発症予防効果それぞれに寄与する免疫をより強く誘導します。
そのため、オミクロン株に対して、従来型ワクチンを上回る重症化予防効果とともに、持続期間が短い可能性があるものの、感染予防効果や発症予防効果も期待されています。

  • 2価のワクチンであることにより、様々な新型コロナウイルスに反応します。

異なる2種類の抗原があることにより、誘導される免疫も、より多様な新型コロナウイルスに反応すると考えられています。
そのため、今後の変異株に対して有効である可能性がより高いことが期待されています。

安全性

ファイザー社及びモデルナ社の2価ワクチンの薬事承認において、どちらのワクチンも従来型ワクチンとおおむね同様の症状が見られました。

発現割合 ファイザー社 モデルナ社
50%以上 注射部位疼痛 注射部位疼痛、疲労
10~50% 疲労、筋肉痛、頭痛、悪寒、関節痛 頭痛、筋肉痛、関節痛、リンパ節症、悪寒、悪心・嘔吐
1~10% 下痢、発赤、腫脹、発熱、嘔吐 紅斑・発赤、腫脹・硬結、発熱

[参照:特例承認に係る報告書より改編(厚生労働省)]

乳幼児(生後6か月~4歳)

効果

  • ファイザー社のワクチンは、生後6か月~4歳の乳幼児においても、オミクロン株等に対して、中和抗体価の上昇や発症予防効果が確認されています。
  • 新型コロナワクチンを受けることで、3回目接種後7日以降の発症予防効果は73.2%と報告されています。

安全性

  • 接種回数ごとの症状にはあまり変わりがなく、ほとんどの症状が軽度または中等度であり、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められていません。
<接種後7日間に現れた症状>
年齢 症状(発現割合:1回目接種後→2回目接種後→3回目接種後
生後6か月~1歳

機嫌が悪い(易刺激性)51.2%→47.4%→43.6%
食欲減退22.2%→22.2%→20.2%
眠たくなる様子(傾眠状態)27.0%→23.8%→19.9%
発熱7.2%→7.4%→6.8%
注射部位の腫れ(腫脹)3.9%→3.9%→2.7%
発赤10.6%→9.3%→7.1%

2歳~4歳

疼痛30.8%→31.0%→26.7%
疲労29.7%→25.7%→24.5%
発赤8.8%→11.4%→10.9%
下痢7.7%→6.7%→5.1%
発熱5.2%→4.9%→5.1%
頭痛4.5%→4.6%→4.9%
注射部位の腫れ(腫脹)3.7%→5.7%→3.1%
嘔吐3.0%→3.4%→1.6%
悪寒2.3%→3.0%→3.3%
筋肉痛2.4%→2.6%→2.0%
関節痛0.8%→1.4%→1.3%

出典:審査報告書より

生後6か月から4歳のお子様の保護者の方へ「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」
接種のお知らせ(乳幼児)

小児(5~11歳)追加接種

効果

  • 新型コロナワクチンを受けることで、新型コロナに感染しても症状が出にくくなります。5~11歳の子供に対するワクチンの追加接種後は、オミクロン株を含む新型コロナウイルスに対する中和抗体価(ウイルスの感染力や毒素の活性を中和できる抗体の値のこと)が上昇します。
  • また、時間経過とともに低下した初回接種による発症予防効果が、追加接種により回復すると報告されています。

安全性

  • 5~11歳の子どもに対する3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目接種の後と比べると、おおむね同様の症状が見られ、2回目接種時を上回るリスクは報告されていません。
<5~11歳の接種後7日間に現れた症状発現率の比較(ファイザー社ワクチンを使用)>
報告割合 接種後の症状(2回目接種後→3回目接種後の症状の発現率
50%以上 疼痛(72.2→73.9%
10~50%

疲労(46.6→45.6%
頭痛(30.1→34.0%
筋肉痛(12.5→18.3%
発赤(16.5→15.6%
腫脹(14.0→16.4%
悪寒(10.3→10.5%

1~10%

発熱(8.8~6.7%
関節痛(5.5→6.7%
下痢(6.5→4.9%
嘔吐(1.8→2.4%


出典:特例承認に係る報告書

新型コロナワクチン接種(3回目)のお知らせ(5~11歳のお子様の保護者の方へ)
接種のお知らせ(小児3回目)

ワクチンの有効期限

  • ファイザー社ワクチン及び武田/モデルナ社ワクチンの有効期間については、薬事上の手続きを経て、有効期間が延長されているため、印字されている有効期限よりも実際に接種することができる有効期限が長い場合があります。
  • 詳細については、厚生労働省の「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。有効期限の取り扱いについて(外部サイト)」をご参照ください。

接種後の注意事項

副反応

新型コロナワクチンの接種後には、様々な症状が副反応として現れることがあります。詳細については、次をご覧ください。

予防接種健康被害救済制度

予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことはできないことから、救済制度が設けられています。


申請に必要となる手続きなどについては、北谷町新型コロナワクチン接種コールセンター(電話:098-923-0990)まで御相談ください。

制度の詳細については、厚生労働省ホームページを御参照ください。


予防接種健康被害救済制度リーフレット

お問合せ先

  • <ワクチン接種のご相談等について>

北谷町新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:098-923-0990
FAX:098-936-4440
受付時間:平日の午前9時から午後5時まで(正午から午後1時を除く)

  • <医学的知見を必要とする専門的な問合せについて>

沖縄県新型コロナウイルスワクチン専門相談コールセンター
電話:098-894-4856
受付時間:9時から17時まで(土曜、日曜、祝日も受付)
相談内容:新型コロナウイルスワクチンの副反応に関することなど

お問い合わせ

住民福祉部 保健衛生課
沖縄県中頭郡北谷町字桑江731番地
電話:098-936-4336
FAX:098-936-4440

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町桑江一丁目1番1号 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から正午、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る