このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナワクチン1・2回目接種について

更新日:2022年1月11日

お知らせ

ワクチン接種を希望する町民の皆様へ

本町では国の指示等を踏まえ、ワクチン接種を進めております。以下に示すワクチン接種に関する情報については現時点のものであり、今後国からの指示等により変更となる場合があります。

接種券の発送時期について

ワクチンを接種するためには本町が郵送する接種券予診票本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証、運転免許証など)が必要となります。送付時期は次のとおり予定しております。

対象者 送付時期

65歳以上の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

令和3年(2021年)4月19日送付済み
12~64歳の方(平成21年8月1日~昭和32年4月2日生) 令和3年(2021年)7月16日送付済み
令和3年7月31日時点で11歳の方(平成21年8月2日以後に生まれた方) 誕生日の翌月に順次発送

転入者の方で北谷町が発行する接種券が届いていない方は、再発行申請が必要です。

接種券の再発行について

新型コロナワクチンの接種を受けるためには接種券が必要となりますが、転入者の方や、何らかの事情により接種券を紛失、滅失、破損等した場合、原則住民票所在地の市町村へ接種券の再発行申請が必要となります。接種券の再発行を希望する方は、「接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)」を記載の上、本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)の写し等を添付し、下記窓口へ持参又は郵送により提出してください。なお、破損した接種券が手元に残っている場合には合わせてご提出ください。

申請書類

提出先

〒904-0103
沖縄県中頭郡北谷町字桑江731番地
北谷町保健相談センター(新型コロナワクチン接種担当)

接種するワクチンの種類について

現在、国内で接種できるワクチンは、ファイザー社、モデルナ社とアストラゼネカ社のワクチンです。
接種費用は無料(全額公費負担)です。

ファイザー社

ワクチン名:コミナティ
薬事承認:2021年2月14日
ワクチンタイプ:mRNAワクチン
接種回数:2回
接種間隔:21日間隔(3週間
対象年齢:12歳以上
主な使用会場:北谷町内における集団接種会場及び個別医療機関

武田/モデルナ社

ワクチン名:COVID-19ワクチンモデルナ
薬事承認:2021年5月21日
ワクチンタイプ:mRNAワクチン
接種回数:2回
接種間隔:28日間隔(4週間
対象年齢:12歳以上
主な使用会場:沖縄県広域ワクチン接種センター及び職域接種会場

アストラゼネカ社

ワクチン名:バキスゼブリア
薬事承認:2021年5月21日
ワクチンタイプ:ウイルスベクターワクチン
接種回数:2回
接種間隔:4~12週間隔(最大の効果を得るためには8週間以上)
対象年齢:原則40歳以上(特に必要がある場合は18歳以上)
主な使用会場:沖縄県広域ワクチン接種センター

交互接種について

1回目と2回目の接種では、原則として同一のワクチンを接種する必要がありますが、現在接種が進められている新型コロナワクチン(ファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社)については、下記のような場合に限り、1回目と異なるワクチンを2回目に接種すること(交互接種)は可能です。

  • 1回目のワクチン接種後に重篤な副反応が生じたこと等により、医師が医学的見地から、2回目に同一のワクチンを接種することが困難であると判断した場合
  • 国内のワクチン流通の減少や接種を受ける方の転居等により、1回目と2回目で同一のワクチンを接種することが困難な場合
  • 10代・20代の男性で、武田/モデルナ社のワクチンを1回目にすでに接種したが、2回目をファイザー社のワクチンを希望する場合(詳細については下の画像を御覧ください)
1回目と2回目の接種の間隔は、諸外国の対応状況等を踏まえ、27日以上の間隔をおくこととされています。

ファイザー社ワクチン及び武田/モデルナ社ワクチンの有効期限の取扱について

有効期限が令和4年2月末まで又はそれ以前となっているファイザー社ワクチン及び、有効期限が令和4年3月1日まで又はそれ以前となっている武田/モデルナ社ワクチンについては、有効期限が3か月延長されることとなりました。それに伴い、本町の集団接種会場及び個別医療機関においても該当するワクチンについては、印字されている有効期限よりも3か月長いものとして取り扱うとことといたしますのでお知らせいたします。
なお、接種済証に貼り付けられるワクチンシールについては、バイアルへの印字と同じ有効期限が記載されておりますので、変更後の使用期限は下記資料にてご確認ください。

接種場所と御予約について

原則北谷町内の医療機関での個別接種又は町が実施する集団接種にて接種を受けていただきます。接種を受けることができる施設と予約の方法については下記のとおりです。

集団接種 ※終了しました

初回(1・2回目)接種にかかる集団接種は令和3年12月26日(日曜)をもって終了いたしました。今後は、「個別医療機関」また「沖縄県モデルナワクチン接種センター」にてワクチン接種をお願いします。

個別接種

ステップ1【御予約】

  • 接種を希望する医療機関に電話で御予約ください。なお、医療機関によっては、予約受付を入院又は入所している者などに限定している場合がありますので御注意ください。
  • 下記の医療機関は令和3年12月27日時点における個別接種実施の医療機関です。ワクチン供給量や予約状況等によっては、実施曜日や時間に変更がある場合がありますので、予約時に各医療機関に御確認ください。
個別接種実施医療機関

医療機関名

電話番号 所在地 実施曜日 実施時間帯 15歳以下の方への接種 妊婦への接種
北谷病院 936-5611 北谷町字上勢頭631-4 月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日・土曜日 月曜日・火曜日・水曜日・金曜日は午後のみ、木曜日・土曜日は午前のみ 実施なし 実施あり※2

北上中央病院

936-5111 北谷町字上勢頭631-9 月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日 午前・午後 実施あり※2 実施あり※2
【予約受付休止中】たまきクリニック 926-1313 北谷町字上勢頭837-8 火曜日・水曜日・土曜日 午後のみ 実施なし 実施あり※2
徳洲会ハンビ-クリニック 926-3000 北谷町北前1-21-1 月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日・土曜日 午前・午後(土曜日は午前のみ) 実施あり※2 実施あり※2
砂辺クリニック 936-6270 北谷町字宮城1-43 月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・土曜日 午前・午後 実施あり※2 実施あり※2
【予約受付休止中】とうま整形外科クリニック※1 926-6677 北谷町字桑江123-2F 月曜日・火曜日・木曜日・金曜日 午前・午後 実施なし 実施あり※2

※1.受診歴のある方のみ予約受付
※2.接種を受けるにあたって一部制限あり(保護者同伴、産科主治医の診断書の提出など)

ステップ2【接種】

受付から接種までの流れ

ワクチン接種の当日は次のものを御持参ください。お持ちでない場合には、接種を受けることができません。

  1. 接種券
  2. 予診票(1回目は黄色、2回目は緑色です。事前に御記入ください。)
  3. 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  4. 母子健康手帳(15歳以下の方のみ)

3週間の間隔で同じワクチンを2回接種します。1回目の予約の時に2回目の予約も受付します。
気象状況や今後のワクチンの供給量によっては、日程・会場を変更する場合があります。最新情報については北谷町ホームページにてお知らせいたします。

沖縄県モデルナワクチン接種センターについて

接種券が届いている方で「沖縄県モデルナワクチン接種センター」での接種を希望される方は、下記を御覧ください。

妊娠中のみなさまへ

感染が妊娠に与える影響について

  • 妊娠中に新型コロナウイルスに感染しても、基礎疾患を持たない場合、その経過は同年代の妊娠していない女性と変わらないとされています。しかし、妊娠後期に感染すると、早産率が高まり、患者本人も一部は重症化することが報告されております。
  • 高年齢での妊娠、肥満、高血圧、糖尿病などが新型コロナウイルス感染症の重症化のリスク因子であるという報告もあり、このような背景を持つ妊婦の方は、特に人混みを避ける、こまめに手を洗うなど感染予防に注意をしてください。

妊婦の感染が胎児に与える影響について

  • 新型コロナウイルスに感染した妊婦から胎児への感染はまれだと考えられています。
  • 妊娠初期または中期に新型コロナウイルスに感染した場合に、ウイルスが原因で胎児に先天異常が引き起こされる可能性は低いとされています。

新型コロナウイルスワクチン接種について

  • 妊娠中、授乳中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されているワクチン(ファイザー、モデルナ、アストロゼネカ)が妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。
  • 妊娠中の時期を問わず接種をおすすめします。さらに、夫又はパートナー の方もぜひ接種をお願いします。

ワクチン接種を受ける場合の注意事項について

  1. 接種券に同封された「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」を必ず読み、ワクチンの効果や副反応について理解した上で接種を希望するか判断してください。
  2. 妊婦の方への接種については、きめ細やかな対応が必要であることや体の負担軽減や急変時に即時対応が求められることから、安全・安心に接種を受けて頂くために、産科主治医などの医療機関での個別接種をお勧めしています。
  3. 産科主治医の医療機関以外の場所でワクチン接種を受ける場合には、必ず産科主治医と事前に御相談し、接種を受けて良いか御確認ください。

住民票所在地以外での接種について

新型コロナウイルスワクチン接種については、原則として、住民票所在地の市町村(住所地)でのワクチン接種を受けていただきます。ただし、下記に該当する方は住所地以外でのワクチン接種(住所地外接種)を受けることができます。

事前届出が必要な方

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • その他町長がやむを得ない事情があると認める者

届出を省略することができる方

  • 入院又は入所者
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合※1
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった者
  • 拘留又は留置されている者、受刑者
  • 住所地外接種者であって、町に対して申請を行うことが困難である者
  • 国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合
  • 職域接種を受ける場合

※1.基礎疾患を持つ者とは次の通りです。
(1)次の病気や状態の方で、通院または入院中の方

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

(2)肥満の方(BMI 30以上) ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

届出の方法

住所地外接種を希望する方のうち、上記の「1.事前届出が必要な方」に該当する場合、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出が必要です。
接種を行う医療機関等が北谷町内に所在する場合には、「住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)」を記載の上、接種券の写しを添付し、下記窓口へ郵送または直接持参し提出してください。記載内容を確認の上、「住所地外接種届出済証」を交付します。

提出先(郵送及び窓口)

〒904-0103
沖縄県中頭郡北谷町字桑江731番地
北谷町保健相談センター(新型コロナワクチン接種担当)

WEB申請 ※現在中止しています

厚生労働省が設ける下記のWEBサイト(コロナワクチンナビ)で住所地外接種申請を行うことができます。

接種を受けることができない方

下記にあてはまる方はワクチンを接種できません。該当すると思われる場合は、必ず接種前の診察時に医師へお伝えください。

・明らかに発熱している方(注釈2)

・重い急性疾患にかかっている方

・ワクチンの成分に対し重度の過敏症の既住歴のある方(注釈3)

・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方

(注釈2)明らかな発熱とは通常37.5度以上を指します。ただし、37.5度未満であっても、体調が悪い場合などは接種を控えてください。
(注釈3)重度の過敏症とは、アナフィラキシーや全身性の皮膚や粘膜(ねんまく)症状、喘鳴(ぜんめい)、呼吸困難、頻脈(ひんみゃく)、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状のことです。

接種を受けるに当たり注意が必要な方

下記にあてはまる方はワクチン接種について注意が必要です。該当すると思われる場合は、必ず接種前の診察時に医師へお伝えください。

・抗凝固療法を受けている方、血小板減少症または凝固障害のある方

・過去に免疫不全の診断を受けた方、先天性免疫不全症の近親者がいる方

・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方

・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出た方

・過去にけいれんを起こしたことがある方

・ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方

・腎機能障害または肝機能障害のある方

※なお、妊婦または妊娠している可能性がある方、授乳されている方は、必ず接種前の診察時に医師へ伝えてください。

接種前の注意点について

ワクチン接種は強制ではありません。発症予防の効果と副反応のリスク双方を理解した上で、自らの意思で受けていただきます。受ける方の同意なく接種が行われることはありません。詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。ワクチンの種類、有効性、安全性に関する情報が示されています。

・1回目の接種後、3週間の間隔で2回目の接種を受けていただきます。接種後3週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。

・2回目に接種するワクチンは、必ず1回目と同じワクチンを接種してください。

基礎疾患のある方や過去に予防接種を受けてアレルギーを起こした方は、あらかじめワクチンを接種して良いか、かかりつけ医に御相談ください

接種後の注意点について

・ワクチン接種を受けた後は、15分以上(注釈4)は接種を受けた医療機関または接種会場でお待ちいただき、体調に異常を感じた場合には速やかに医師へ連絡してください。

・接種を受けた場合でも、3密(密集・密接・密閉)の回避、マスクの着用、手洗いや咳エチケットなどの適切な感染予防対策が必要です。

・注射した部分は清潔に保つようにしてください。

・接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分はこすらないようにしてください。

・接種当日の激しい運動は控えてください。

(注釈4)過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こしたことがある方や、気分が悪くなったり、失神等を起こしたことがある方は30分以上お待ちください。

副反応と補償について

・これまでに認められている主な副反応は、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。通常これらの症状は数日以内に治まります。極めてまれに重い副反応としてアナフィラキシーがあります。もし、アナフィラキシーが起きたときには、医療機関や接種会場ですぐに治療を行うことになります。

・予防接種によって健康被害が生じ、治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済が受けられます。

コロナワクチンに関する誤った情報にご注意ください

コロナワクチンに関してよくあるQ&A及び誤情報

Q.若者は高齢者よりも重症化リスクが低いから接種を受ける必要がない
A.若者が高齢者と比較して重症化のリスクが低いのは事実ですが、変異株などにより若者でも中等症以上の感染者は増えており、完治したようでも後遺症(嗅覚・味覚障害、疲労感、記憶障害、脱毛等)に苦しんでいる方が多く、コロナ感染が健康面に与える影響は小さくありません。若い世代においても接種のメリットが大きいため、前向きに接種をご検討ください。
Q.ワクチン接種により不妊になる。妊娠中の場合は流産する。
A.ワクチンには排卵や妊娠に直接作用するホルモンや、卵巣や子宮に影響を与える化学物質は含まれておりません。アメリカで行われた妊婦を対象とした研究においても、流産や早産、先天奇形が起こりやすいという事実がないことも確認されております。また、妊婦がコロナに感染した場合、早産のリスクが高まるといわれており、日本産婦人科学会も妊婦がワクチン接種を受けることを推奨しております。
Q.ワクチンを打つと体内に長期間成分が残り、遺伝情報が書き換えられる。
A.厚生労働省はウェブサイトで「注射するmRNAは短期間で分解され人の遺伝情報に組み込まれるものではない」として、遺伝情報が書き換えられるという情報を否定しております。
Q.コロナワクチンの臨床試験(治験)はまだ終わっていない。
新型コロナワクチンは、臨床試験で、有効性と安全性に関して厳格な評価が行われた後に承認されております。その上で、効果の持続性等を確認するために、臨床試験の一部が継続されています。
Q.コロナワクチンの動物実験ですべての動物が死んだ。
新型コロナワクチンの実験動物がワクチンの毒性によって異常な死を遂げたという事実は確認されておりません

ワクチンに関する情報

お問合せ先

ワクチン接種のご相談等について(接種券の再発行、住所地外接種の手続など)

北谷町新型コロナワクチン接種コールセンター

電話番号:098-923-0990
FAX番号:098-936-4440
受付時間:平日の午前9時から午後5時まで(午後0時から1時の間を除く)

医学的知見を必要とする専門的な問合せについて

沖縄県新型コロナウイルスワクチン専門相談コールセンター

電話番号:098-894-4856
受付時間:9時から17時まで(土曜、日曜、祝日も受付)
相談内容:新型コロナウイルスワクチンの副反応に関することなど

新型コロナワクチン接種の制度全般について

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間:9時から21時まで(土曜、日曜、祝日も受付)

新型コロナワクチン詐欺に関する消費者トラブルについて

新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン

電話番号:0120-797-188(フリーダイヤル)
受付時間:10時から16時まで(土曜、日曜、祝日も受付)

関連リンク

首相官邸ホームページ

厚生労働省ホームページ

法務省ホームページ

沖縄県ホームページ

一般社団法人中部地区医師会ホームページ

ファイザー社ホームページ

独立行政法人国民生活センター

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

住民福祉部 保健衛生課
沖縄県中頭郡北谷町字桑江731番地
電話:098-936-4336
FAX:098-936-4440

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から午後0時、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る