このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

北谷町育英会

更新日:2021年5月27日

北谷町育英会は、優秀な学生生徒で、経済的な理由により、学資の援助を必要とする者に対して学資の一部を貸与及び給付し、その他育英上必要な業務を行って有用な人材を育成することを目的として、以下のとおり奨学金の支給・支援を行っております。

支援事業一覧

本町育英会事業

他団体の奨学金制度や各種支援策

令和4年度入学準備金貸与生の募集

北谷町育英会では、優秀な学生で経済的な理由により学資の援助を必要とする者に対して学資の一部を貸与し、有用な人材を育成することを目的に令和4年度の入学準備金貸与生を次の通り募集します。

対象者

令和4年4月から大学等へ入学(編入学を含む。)する者。ただし、国外の教育機関に入学する場合は令和3年6月以降に入学する者とする。

応募資格

(1)日本国籍を有する者又は次のいずれかに該当する者
ア日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成3年法律第71号)に定める特別永住者として本邦に在留する者
イ出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)別表第2の永住者、日本人の配偶者等又は永住者の配偶者等の在留資格をもって本邦に在留する者
ウ出入国管理及び難民認定法別表第2の定住者の在留資格をもって本邦に在留する者であって、同表の永住者又は永住者の配偶者等に準ずると会長が認めたもの
(2)申請時において過去1年以上本町に引き続き住所を有する町民の子弟
(3)学校教育法(昭和22年法律第26号)に定める大学(大学院及び短期大学を含む。以下「大学等」という。)、高等専門学校(4年次へ編入学するものに限る。)若しくは専修学校(専門課程に限る。)に合格が決定している者(通信教育課程及び夜間教育課程を除く)
(4)前号に規定する大学等に準ずるものとして会長が認める教育機関に合格が決定している者
(5)我が国の大学等に相当する国外の教育機関に合格(編入学を含む。)が決定している者
(6)学業成績及び操行が優れている者
(7)申請者と生計を一にする家族の家計支持者の町・県民税年税額の合計額が20万円以下の者
(8)貸与金を全額返済可能な者

貸与額

30万円、40万円、50万円(いずれかを選択)

利用回数

入学準備金制度の利用は1人1回を限度とする。

提出書類

(1)入学準備金借入申請書(第1号様式の2)
(2)住民票謄本(本籍・続柄表示のあるもの)
(3)家族の課税証明書(令和2年度)
(4)合格通知書
(5)成績証明書又は調査書
(6)学校長の推薦書

なお、様式(1)及び(6)については以下の様式を使用してください。

受付期間等

令和3年6月1日(火曜日)~令和4年3月31日(木曜日)※土・日及び祝日を除く。
ただし、土曜日、日曜日及び祝日を除く。
午前8時30分から午後5時まで
ただし、午後0時から午後1時までを除く。

選考及び貸与方法

応募資格に適合しているか随時審査決定し、貸与額は一括で貸与する。

返還方法

卒業した日の属する年度の翌年度中に全額返還する。(繰り上げ返還可能)

その他注意事項

(1)奨学金(毎月貸与・給付)との併用も可能です。
(2)審査後に貸与が決定した際には、後日誓約書の提出が必要となります。誓約書は2名の保証人が必要であり(保証人は2人とし、保護者及び保護者を除く25歳以上65歳未満の独立した生計を営む返済能力を有する者とする)。ご提出できない場合は貸与できないことがありますのでご注意ください。

令和3年度北谷町育英会奨学金貸与奨学生の募集(受付期間終了)

北谷町育英会では、優秀な学生で経済的な理由により学資の援助を必要とする者に対して学資の一部を貸与し、有用な人材
を育成することを目的に令和3年度の奨学金貸与奨学生を次のとおり募集します。

令和3年度北谷町育英会奨学金給付奨学生の募集(受付期間終了)

北谷町育英会では、優秀な学生で経済的な理由により学資の援助を必要とする者に対して学資の一部を給付し、有用な人材を育成することを目的に令和3年度の奨学金給付奨学生を次のとおり募集します。

奨学金の返還

奨学金の貸与又は入学準備金の貸与を受けた方は、大学、専門学校等を卒業後奨学金の返還が開始されます。返還金は、直ちに後輩の奨学金として貸与する仕組みとなっています。制度の仕組みを理解していただき、返還にご協力ください。

返還月額の変更及び返還猶予

災害、傷病、経済困難、失業などの返還困難な事情が生じた場合は、返還月額の変更及び返還猶予を申し出ることができます。なお、返還猶予は2年間を限度として申請することができますが、返還額の総額は変わりません。
※新型コロナウイルス感染症及び感染症防止対策の影響を受け、返還が困難になった方についてもご相談ください。

返還月額の変更は、以下の様式を提出してください。

返還猶予は、以下の様式を提出してください。

上記書類の他に収入が減少したことがわかる資料等の提出を求める場合があります。

書類提出先及びお問い合わせ先:北谷町育英会(教育総務課内)内線5110、5111

北谷町育英会会則

高等教育の就学支援新制度(授業料減免と給付型奨学金)

文部科学省では、しっかりとした進路への意識や進学意欲があれば、家庭の経済状況に関わらず、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に進学できるチャンスを確保できるよう、令和2年4月から高等教育の修学支援新制度を実施しています。
授業料等減免と給付型奨学金で「学ぶ意欲」のある学生の支援を行っております。
手続や制度の詳細については日本学支援機構のホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援

日本学生支援機構では、新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば給付奨学金の支援対象としております。
手続や制度の詳細については日本学支援機構のホームページをご覧ください。

沖縄県国際交流・人材育成財団の奨学金制度

沖縄県国際交流・人材育成財団では、主に人材育成事業(奨学金の貸与・給与、学生寮の運営管理等)と国際交流・協力事業(海外留学生・研修生等受入、国際ボランティア活動等)を行い沖縄県の人材育成の充実及び国際交流・協力の充実を図っております。
大学、短期大学、大学院、専門学校、高等専門学校、高等学校など様々な奨学金制度があります。
詳細は沖縄県国際交流・人材育成財団のホームページをご覧ください。

あしなが育英会の奨学金制度

あしなが育英会では、病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、障がいなどで親が十分に働けない家庭の子どもたちを、奨学金、教育支援、心のケアで支える活動を行っております。
詳細はあしなが育英会のホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響により学生生活に不安を抱えている学生の相談窓口について

沖縄県では、新型コロナウイルス感染症の影響でアルバイト収入の減少により、学費や生活費のねん出が困難となるなるなど、経済的に厳しい状況に置かれている学生向けの相談窓口を開設しております。
電話・メール等の相談を柱とした就学・生活相談を行っておりますので、新型コロナウイルス感染症の影響により学生生活に不安を抱えている方はコロナ禍学生等就学・生活相談センターまでご相談ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

北谷町教育委員会 教育総務課
沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地
電話:098-936-1234
FAX:098-936-3491

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から午後0時、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る