有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)の検出状況及び水道水の安全性について

更新日:2019年5月27日

有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)の検出状況及び水道水の安全性について

有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)が北谷浄水場の水源である比謝川や嘉手納井戸群において、他水源と比較して高濃度で検出されたとの報道がありました。
その後、令和元年6月に沖縄県から厚生労働省への要請を行い、令和2年4月に『水道水中での検出の可能性があるなど、水質管理上留意すべき項目』の水質管理目標設定項目に分類され、その目標値は合算で50ng/L以下(暫定)とされました。
沖縄県企業局においても、北谷浄水場内の高度処理施設にて活性炭を使用したPFOS等の除去に取り組んでおり、平均15ng/L(令和2年4月~令和2年8月)まで低減し送水を行う等、県民に安心・安全な水を供給するため対策を実施しております。
北谷町においても沖縄県企業局と協力し、安心・安全な水を町民及び利用者の皆様へ供給してまいります。

沖縄県企業局特設ホームページ

お問い合わせ

北谷町上下水道部上下水道課
電話:098-936-3923
FAX:098-936-5616