このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

みんなで防ごう子どもへの虐待

更新日:2016年12月1日

あなたの気づきが子どもを守ります

保護者や同居人による児童虐待が、深刻な問題になっています。
現代の子育て環境は、核家族や地域から孤立している家庭が多く、相談相手もないまま育児ストレスを抱えている家庭が増加しているといわれています。
ストレスのはけ口としての暴力のほか、しつけるつもりで体罰を加えたり、経済的に苦しく昼夜問わず働いた結果、子どもを放置した状態になっていることもあります。

地域で子育てをする人々を見守り、様子を気にかけ、異常にいち早く気付くことは、虐待の防止につながります。

虐待による痛ましい被害や死亡事例をなくし、子どもの人権を守っていくためには、できるだけ早く虐待に気づき、対応につなげていくことが必要です。
虐待は特別な家庭の問題ではありません。どの家庭でも起こりうる問題です。
虐待に気づいたり、虐待かどうか迷う場合でも、ためらわずに相談窓口へ連絡・相談下さい。

身近な相談窓口・連絡先一覧

(相談・通告については、匿名で行うことも可能です。秘密は守られます。)

  • 北谷町子ども家庭課 電話:098-936-1234
  • コザ児童相談所 電話:098-937-0859
  • おきなわ子ども虐待ホットライン 電話:098-886-2900
  • 児童相談所全国共通ダイヤル 電話:189(いちはやく)
  • 沖縄警察署 電話:098-932-0110

画像

虐待とは??

親がしつけと思っていても、体罰や暴言は虐待になります。
体罰や暴言は、子どもの脳の発達に深刻な影響を及ぼすことが、研究によって明らかになっています。

身体的虐待

  • 殴る、蹴る、やけどを負わせる
  • 激しく揺さぶる
  • 戸外に締め出す

心理的虐待

  • 暴言、無視、言葉による脅かし、
  • 無視したり、拒否的な態度を示す
  • きょうだい間での差別的な扱い
  • 子どもの目の前での家庭内暴力

ネグレクト(育児放棄)

  • 適切な食事を与えない
  • 身体や環境をひどく不衛生なままにする
  • 乳幼児を家や車の中に閉じ込める
  • 通学させない

性的虐待

  • わいせつな行為、性行為の強要
  • 性器や性交を見せる
  • 性器を触る、触らせる
  • ポルノを見せる、被写体に強要する

お問い合わせ

住民福祉部 子ども家庭課
沖縄県中頭郡北谷町桑江一丁目1番1号
電話:098-936-1234
FAX:098-982-7715

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

サイト内検索

相談

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
  • はいさい!ちゃたん

年齢別に探す

  • 妊娠
  • 0歳
  • 1から2歳
  • 3から5歳
  • 小学生以上

目的から探す

  • 手当・助成・子育て支援
  • 子どもの健康・予防接種
  • 子どもといっしょにたのしもう イベント
  • 子育て相談
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町桑江一丁目1番1号 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から正午、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る