このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
北谷町観光サイト はいさい!ちゃたん
北谷町トップページへ戻る
  • 北谷の紹介
  • 北谷の歴史
  • 北谷の観光
  • 北谷のイベント
  • 北谷マップ
  • ちーたん
サイトメニューここまで

本文ここから

北谷町の歴史について

更新日:2016年12月1日

 私たちの住む北谷町には、数多くの出来事がありました。その出来事は脈々と積み重なり、1つの歴史となっています。

 私たちの町「北谷」は、いつ頃からそう呼ばれる様になったのでしょう。どうやらそれは、1577年までさかのぼる事ができそうです。当時の琉球国王が、「きたたんおきて」と称する、地方役人に給した辞令書に書かれたものが、現在確認できる最古の文字資料となっています。「きたたん」の語源はよく分かりませんが、「きたたん」が「きちゃたん」→「ちちゃたん」→「ちゃたん」に変化していった事は、語学上はっきりしています。では、いつ頃そのように変化していったのでしょう。

 薩摩藩が幕府に提出した「正保国絵図(しょうほうくにえず)」(1649年)には、「北谷間切」の脇に「キタタンマギリ」のかながつけられています。鹿児島方言で「タン」は、谷の意味を示すもので、「キタタン」に「北谷」の漢字が当てられた後、「きたたん」が「きちゃたん」→「ちちゃたん」→「ちゃたん」に変化していったものと考えられています。

 先も述べました様に、北谷町には多くの出来事がありました。縄文時代に人々が生活をしていた事実(もしかすると私たちと血の繋がりがあるかもしれませんね)。グスク時代に中国と貿易をしていた事実。そして、第二次世界大戦時の米軍上陸地という事実。そのような事実の積み重ね(歴史)を、私たちはしっかり受け止め、後世に伝えて行かなくてはなりません。その為にも、私たち文化係職員は、日々、歴史に携わる仕事を行っています。

お問い合わせ

北谷町教育委員会 社会教育課
沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地
電話:098-982-7707
FAX:098-936-3491

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

サイト内検索

北谷の歴史

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
  • はいさい!ちゃたん
  • 北谷町観光協会
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から午後0時、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る