このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
北谷町観光サイト はいさい!ちゃたん
北谷町トップページへ戻る
  • 北谷の紹介
  • 北谷の歴史
  • 北谷の観光
  • 北谷のイベント
  • 北谷マップ
  • ちーたん
サイトメニューここまで

本文ここから

殿

更新日:2016年12月1日

1)北谷グスク内の拝所(北谷町大村城原369番地)

 (4)殿(北谷町大村城原369番地)
 かつて、北谷グスク内に所在した「殿」も、「東リ御嶽」や「西御嶽」とともに、戦後は、キャンプ瑞慶覧内の長老山に遷座したが、1993年12月に、北谷グスク三の郭南西側に再建された。この殿は『琉球國由来記』にみる「北谷城内之殿」ではないかと推測される。『由来記』は「北谷城内之殿」について、次のように記す。

 北谷城内之殿 北谷村・玉代勢村
稲ニ祭ノ時、花米九合完、五水八合完(此時、朝神、夕神二度)神酒一完(此時、惣地頭供物、按司同断)花米九合完、五水四合完(此時、朝神、夕神二度)神酒一完(玉代勢地頭)花米九合完、五水六合完(此時朝神、夕神二度)、伝道大屋子・津嘉山大屋子・古味大屋子。シロマシ一器、神酒壱完(麦。玉代勢村百姓中)神酒三完(麦。北谷村百姓中)供之。北谷巫ニテ祭也。

 上記の内容から、北谷城内之殿では稲穂際・稲収穫祭の二祭に北谷ノロが祭祀を行い、しかも、地方役人の地頭や大屋子からの供物の提供があったことがわかる。
現在は5月・6月ウマチーの際、神酒の代用として、市販のにごり酒を供えて、北谷ノロ殿内の家人や旧字北谷郷友会による拝みが行われる。

お問い合わせ

北谷町教育委員会 社会教育課
沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地
電話:098-982-7707
FAX:098-936-3491

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

サイト内検索

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
  • はいさい!ちゃたん
  • 北谷町観光協会
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から午後0時、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る