このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

地方公会計制度に基づく財務書類及び固定資産台帳

更新日:2020年4月17日

地方公会計制度の意義

 地方公会計制度とは、「現金主義・単式簿記」によるこれまでの地方自治体の会計制度に「発生主義・複式簿記」といった企業会計的要素を取り込むことにより、現金主義の会計制度では見えにくい資産や負債などのストック情報や行政サービスに要したコストを把握することが可能となり、中長期的な財政運営への活用の充実が期待できます。

財務書類

 財務書類は、貸借対照表(BS)、行政コスト計算書(PL)、純資産変動計算書(NWM)及び資金収支計算書(CF)の4種類で構成されています。

貸借対照表(BS)

 どれだけの資産や負債があるのかが分かります。

行政コスト計算書(PL)

 1年間の行政運営にかかったコストのうち、例えば人的サービスや給付サービスなど、資産形成につながらない行政サービスに要したコストがどれだけあったのかが分かります。

純資産変動計算書(NWM)

 貸借対照表の純資産が、1年間でどのような要因で増減したかが分かります。

資金収支計算書(CF)

 単年度の資金の収支を表し、1年間の資金の増減を、業務活動収支・投資活動収支・財務活動収支の3区分に分け、どのような活動に資金が必要であったかが分かります。

各年度財務書類

(注釈)各表中の表示金額は、千円単位となっており、四捨五入のため合計金額に齟齬が生じる場合があります。

固定資産台帳

(注釈)上記の固定資産台帳は、統一的な基準による地方公会計マニュアル「資産評価及び固定資産台帳整備の手引き」に基づいて整備しており、公営企業会計の資産は含みません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務部 企画財政課
沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地
電話:098-936-1234
FAX:098-936-7474

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

北谷町役場

〒904-0192 沖縄県中頭郡北谷町字桑江226番地 電話:098-936-1234
開庁時間 午前8時30分から午後0時、午後1時から午後5時15分
Copyright © Chatan Town. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る